フィナステリドとミノキシジルは併用することで効果が倍増!?

フィナステリドってどんな薬?

フィナステリドはアメリカのメルク社が開発し、販売しているAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。日本ではメルク社の日本法人であるMSD社が販売しています。
商品名は「プロペシア」といいます。

フィナステリドはた抗アンドロゲン薬で、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変換させるのを阻害します。
フィナステリドは前立腺肥大の治療薬(商品名をプロスカー)として認可・販売されていましたが、
前立腺肥大の患者からプロスカーを服用したことで薄毛が改善したと言う例が数多く報告され、薄毛治療薬としての開発が進められました。
そしてアメリカでは1997年に薄毛治療薬として認可されました。
その後、日本では2005年に厚生労働省に承認されて販売されるようになりました。

フィナステリドは2型5αリダクターゼという酵素の働きを阻害します。
テストステロンから2型5αリダクターゼの作用をうけて変換されたDHT2型はアンドロゲン受容体と結合し、
細胞内に侵入すると発毛を阻害するタンパク質(TGF-β)を生産させるシグナルとなります。
TGF-βは上皮系細胞に対して強い増殖抑制作用があり、上皮系細胞である毛母細胞の増殖が抑制されてしまうのです。

ミノキシジルってどんな薬?

ミノキシジルっもフィナステリドを同様にAGA治療薬の代表的な薬です。
ミノキシジルは外用薬として処方されます。
海外では内服薬として使用している所もあるようですが、副作用が懸念され、国内では外用薬としてのみ処方されています。
ミノキシジルは血圧降下剤として開発された薬で、血管を拡張させる働きにより血流の改善がされ血圧が下がります。

ミノキシジルも使用していた高血圧患者から薄毛が改善したり多毛症の症状が出たことから薄毛治療薬としての開発が始まりました。
以前はミノキシジルは血流が改善することで発毛が促進されると考えられていましたが、
現在はミノキシジルが細胞に取り込まれて代謝されると結果的に血管内皮細胞増殖因子や線維芽細胞増殖因子などの様々な成長因子や増殖因子が生産されることがわかりました。
毛の成長にはこれらを含む様々な因子が関わっており、ミノキシジルには発毛や成長を促す因子の産生を促すことで発毛効果や毛髪サイクルの正常化といった効果があるのです。

併用すると効果的なの?

日本で頭髪専門外来へいくとフィナステリドの服用と外用薬(主要素がミノキシジル)の2本柱が基本となる治療方法です。
その他に、クリニックにより、育毛メソセラピーやHARG(ハーグ)療法などの発毛治療があります。
しかし、ほとんどのクリニックにおいてその2本柱は変わりがありません。

日本において唯一認可されているフィナステリドがDHT2型という発毛を阻害する物質の発現を抑制し、
ミノキシジルが毛の成長を促す発毛因子、増殖因子を生産させるという異なったアプローチ方法で効果的に毛の発毛を促し、
毛髪サイクルを正常化することができるからです。