本当は怖い!?フィナステリドの副作用とは?

フィナステリドってどんな薬なの?

フィナステリド(finasteride)はアメリカのメルク社が開発した抗アンドロゲン薬(抗男性ホルモン薬)です。
フィナステリドは開発された薬の成分名で、日本では商品名を「プロペシア」として販売されています。
販売しているのはメルク社の日本法人であるMSD社(旧社名:万有製薬)で、錠剤にMSDと刻印のあるものが純正の製品になります。
もともとフィナステリドが開発された時は薄毛治療薬ではありませんでした。
前立腺肥大の治療薬として開発され、商品名をプロスカーとして1992年に認可されたのです。
その前立腺肥大の治療を受けている患者からプロスカーと服用したところ薄毛が改善されたという報告が上がるようになり、
あらためてフィナステリドの薄毛に対する研究がおこなわれるようになりました。
アメリカでは1997年に薄毛治療薬として認可されています。
日本では1年間の臨床試験を行い、2005年に厚生労働省に承認されました。

フィナステリドの効果とは?

フィナステリドは男性ホルモンのテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)へ変換する2型5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害します。
DHTが2型5αリダクターゼの作用をうけると、DHT2型となります。
これがアンドロゲン受容体と結合して細胞内に入ると核内において発毛を阻害するタンパク質(TGF-β)を生産させる信号となってしまいます。
TGF-βは毛母細胞を含む上皮系細胞に対して強い増殖抑制作用があります。
そのためフィナステリドによりDHT2型になるのを防ぐことができれば発毛阻害物質が生産されずに済むというわけなのです。

フィナステリドの副作用

男性にも更年期障害があります。年齢と共に男性ホルモンの分泌が減少するのです。
DHTはテストステロンより強力な性ホルモンの活性があります。
テストステロンの分泌が減少することで身体はそれを補うために少なくなったテストステロンからより強いDHTを作り出そうとするのです。
加齢とともにAGA特有の薄毛になるのはこのような理由があったのです。
また、年齢とは関係なく、遺伝的に5αリダクターゼの量が多い人もいます。
しかし、男性ホルモン(DTH)の生成が阻害されることで様々な副作用が出てしまうことがあります。

①性欲の減退
プロペシア(商品名)効能書にもあるように1~5%でリビドー減退(性的欲求衰退)があります。
性欲は男性ホルモンが大きく関わっていますから、男性ホルモンであるDHTの生成が阻害されることでこのような副作用が出ることがあります。

②射精障害、精液量減少
1%未満で勃起機能不全、射精障害、精液量減少があるとされています。
つまり、こういった障害により子供ができにくくなる可能性があります。
さらにフィナステリドの影響により胎児の性分化にも障害が出てしまう可能性が指摘されています。
MSD社の制作したAGAサイトにも「妊婦が有効成分(フィナステリド)に触れると胎児に影響を及ぼす可能性があります」
と大きく警告が載せられています。

③肝機能障害
その他にMSD社より公に副作用として公表されているのが肝機能障害です。
障害がでる理由は解明されていませんが、海外も含めて重い肝機能障害を発症したという報告が10数例報告されています。
世界中で何万人もの人が服用する中で10数例なので非常に割合は低いといえますが、
目に見えて肝機能障害がでた人数がそれだけというだけであって、服用するすべての人の肝臓に影響を及ぼしている可能性もあるのです。
肝臓は薬を服用した時にそれらの代謝も行う重要な臓器です。
フィナステリド(プロペシア)は医師の処方箋がなくては服用する事ができませんがそのような重大な副作用があるからこそ医師の判断が必要なのです。

④ポストフィナステリド症候群
これはフィナステリドの服用をやめた後に起こる症状です。
一般的にフィナステリドによる副作用が現れても服用を中止することでそれらの症状が改善されるとされています。
しかし、服用中止後数週間~数か月後に同じ副作用の症状があらわれてしまう人がいます。
これがポストフィナステリド症候群、フィナステリドによる後遺症です。
まだその発症メカニズムは解明されてませんが、アメリカではポストフィナステリド症候群財団(Post-Finasteride Syndrome Foundation)が設立され、
フィナステリドの後遺症に対する研究が進められています。
数は非常に少ないですが論文も発表されていますのでいずれそのメカニズムが解明されることでしょう。

AGAは継続して行わなければ効果が得られない症状です。
基本的には薬を飲み続けなければなりません。
特に子供を望んでいる時などは細心の注意が必要です。
子供に影響が出てしまうと後悔してもしきれないでしょう。
あの時プロペシアを飲んでいなければと苦悩することにもなりかねないのです。
治療を行うのであればそのリスクは十分に理解しておかねばなりません。

低リスクで薄毛を改善するなら男性用の育毛剤を使う方がよいでしょう。
おすすめ育毛剤(男性用)