フィナステリドを飲み始めたら抜け毛が増えた!なぜ?

フィナステリドによる脱毛とは?

薄毛治療をするためにフィナステリドを服用し始めたのに、逆に脱毛してしまったらショックですよね。
しかし、実はこれありうることなんです。
フィナステリドを服用し始めて1か月くらいすると多くの人が経験する脱毛で「初期脱毛」と言います。
薬の効き目は個人差があり、早いと10日~1カ月もたたないうちに脱毛が開始することもあります。
個人差があると書きましたが、実は脱毛量も個人差があります。
ほとんど抜けなくて気づかなかったという人もいれば、朝起きると枕にバラバラ抜毛があり、血の気が引くような思いをした人もいます。
一般的に1日の脱毛量は多くても通常であれば100本程度ですが、フィナステリドを服用後1日で数百本が一気に抜けたということもあるのです。
初期脱毛の有無について臨床試験などの統計はありませんが、フィナステリドを服用し始めた人のほとんど、70%~80%の人がこの初期脱毛を経験しているようです。

初期脱毛になったら治療をやめた方がいいの?

この初期脱毛は薬によるものですが、ここで治療をやめてしまうのは薄毛治療にとって最もよくないことです。
治療においてこの初期脱毛は想定内の現象で、服用されると医師から必ず説明があります。
もし、初回の処方で説明がなかったとしたら必ず自分から聞くようにしましょう。
この初期脱毛で抜けている毛はもともと抜ける予定であった毛であると言われています。
男性型脱毛症になると、毛髪サイクルの成長期、退行期、休止期に乱れが生じます。成長期が短くなり退行期への移行が早くなります。
そのため髪の成長が不十分で細く弱々しい毛になります。さらに休止期が長くなって毛がなかなか生えてこなくなるのです。
このサイクルで成長が不十分で退行期に入る予定であった毛が一気に抜け出すのが初期脱毛です。
フィナステリドによって毛髪サイクルがリセットされることで脱毛がおこるのです。
ですから、初期脱毛が起こったらそれは毛髪サイクルが正常になりつつあると信じて治療は継続するようにしましょう。

初期脱毛はどのくらいで治るの?

リセットされた毛周期はその後成長期へと移行します。それにはだいたい早くても3ヶ月程度かかると言われています。
個人差もありますので長いと半年ほど次の頭髪が生えてこないという方もいますので気長に待つようにしなければなりません。
そもそも、薄毛治療は長期にわたって継続していかなければならないものです。
初めて数カ月はまだまだ始めたばかりと同じです。

薄毛治療のコミュニティーなどもありますので経験者の話を調べてみるのもよいでしょう。
初期脱毛は薬が効き始めた証拠だからと前向きに取り組んでいる様子が感じられるはずです。
また、初期脱毛に備えて帽子を準備しておく方や、前もって短く散髪してしまう方もいるようです。
備えあれば憂いなしです。個人差はあれど誰にでも起こりうる症状なので、前もって心構えや準備をしておくと焦らずに対処することができます。